失業保険は企業に所属して働く人が給与から保険料を支払うことで、
保険加入者が失業して再就職が必要になった場合に
生活を維持するために給付が受けられる制度です。

日本国内の失業対策としても特に重要なものですが、
制度の中では案外知られていないことも多いのです。

特に大きなポイントになるのが
「退職理由によって失業保険額に違いがでる」ということなのです。
この退職理由として大きいのが自己都合退職か会社都合退職化の違いです。

それぞれをざっくり説明すると自己都合退職とは自分の都合で自分から退職した、
会社都合退職とは会社の都合で退職させられたということになるのですが、
失業保険額は会社都合退職の方が大きくなります。

これは「自分の都合で退職するということは自分で準備をしていたはずだ」
という理由があるからです。

それに対して会社都合退職の場合はほとんど予期することができない、
予期することができたとしても不確定であったということで
社会が対応するべき理由があると判断されます。

もちろん失業保険をあてにせずに、
自分自身で失業中のお金を工面することも可能です。
自宅でできる今人気の副業です→http://xn--fx-gh4ai3b6db7hvhwa4707neitd.net/

よく自分から会社を辞める際には準備が必要だと言われますが、
その背景にはこの要素が大きく絡んでいるのです。

会社を辞めて生活が維持できなくなったということの無いよう、
もし職を失いそうな際には事前に失業保険の内容について
しっかり勉強しておくようにしましょう。

risutora.jpg

勤めていた会社のリストラなどによる突然の解雇、
もちろん早期希望退職も同じですが予期せぬ失業の時の
収入減に頼りになるのが失業保険です。

再就職のための就職活動期間中の生活費などに役立つ収入ですが
無制限に支給され続けるわけではありません。
解雇や自己都合などといった離職理由や離職時の年齢、
雇用保険の被保険者であった期間などにより
90日から360日までといった期間が設けられています。

したがって、たとえ会社のリストラによる会社の都合での離職であっても
所謂定年までの失業保険が支給されるわけではありません。
その代わりではありませんが再就職が決まることによって
再就職手当というお金が支給されます。

再就職手当が支給されるためには
基本手当を給付される期間(前述の90~360日)の
3分の1以上の支給残日数がないと支給されません。
また残日数が3分の1以上と3分の2以上で
計算方法が異なり3分の2以上の方が再就職手当の給付率が高くなります。

給付額の計算は、支給残日数が3分の1以上の場合は
(支給残日数×50%×基本手当日額)、
支給残日数が3分の2以上の場合は 
(支給残日数×60%×基本手当日額)となっています。

つまり再就職した場合には失業保険は全額もらえることは無く、
支給残日数の50%または40%(100%-60%)減額されることになります。

失業保険に期待するよりも
FXなどの副業で利益を出すほうが手っ取り早いかもしれません。
FX始めたいなら勉強してから始めましょう。

会社を辞めた時、会社からリストラされてしまった時は失業の状態になるため、
失業保険の給付を受ける事が出来ます。

但し、失業保険の給付を受けるためには
離職票と呼ばれる書類を会社から受け取る事が必要となります。

離職票と言うのは、雇用保険被保険者離職票と呼ばれる書類で、
対象となる月数を数えることが出来る書類でもあるのです。

離職票を住まいの住所が管轄になっている
ハローワークに出向いて所定の手続きを行う事で
失業保険の給付を受ける事が出来るようになります。

但し、失業保険の給付を受けるためには仕事をする積極的な意志を持つ事、
雇用保険においての必要被保険者期間を満たしている事、
そして毎月の認定日にハローワークに出向いて
所定の手続きを行うなどが条件になります。

尚、失業保険は自己都合の場合と会社都合の場合で
給付が行われるタイミングが異なるのが特徴です。
また、失業保険の受給額は全職の給料に応じて算出されるのが特徴です。

尚、基本手当となるものが給付される金額であり、
基本手当の金額を算出する場合は、
離職前の6か月間の賃金から計算が行われる事になり、
離職前6か月間の賃金の合計を180で割り、
この金額に約5~8割の給付率をかけた金額が給付金となります。

勤めている仕事を退職すると、
失業保険の給付を受けることができるという話は、
働いている人であれば誰もが聞いたことがあるでしょう。

失業保険とは、雇用保険の失業等給付のことですが、
これは失業した者すべてがもらえるわけではなく、
一定の条件を満たした者だけが支給の対象となっています。

雇用保険の失業等給付を受けられる条件は、
給付を受けようとしている者に再就職の意思があり、
求職活動を積極的におこなっていることと、
離職日以前の2年間で雇用保険の被保険者となっていた期間が
12ヶ月以上になっていることの2つです。

これらの条件を満たした状態で、
ハローワーク(公共職業安定所)で手続きを終えれば、
失業等給付を受けることができます。

ただし、会社が経営破綻をしたり、
突然解雇を言い渡されたことなどが理由で失業した場合は、
失業等給付の受給条件は緩和され、
離職日以前の1年間で雇用保険の被保険者だった期間が
6ヶ月以上になっていれば給付を受けることができます。

自らに落ち度が無く、会社側の都合で強制的に離職させられた人は、
再就職に向けた準備をする時間的な余裕はないため、
一般の受給者と比較すると失業等給付の受給条件は優遇される傾向にあります。

失業って?

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近ニュースなどで予行失業率という言葉耳にします。
失業率は景気と関係深いですので為替市場にも影響します。
その失業会社から一方的に言われたり個人的な理由だったり人それぞれです。

失業と言う言葉は文字通り仕事を失うと言う事です。
中には自分から失業を選ぶ方や身体を壊しての方、
様々な失業の理由はあります。

また最近は失業とはいっても悪いイメージでは無く、
前向きな失業と言う一つの選択肢にもなって居ます。

家庭の事情で会社を辞める方も多く、
両親の介護と言う責任を果たす為の方も多く、
他には家業を継承しなければならないと言う責任を持って居る方が
会社を去るのは珍しい事ではありません。

女性では子育てなどの問題で会社を失業する方も居ますが、
数年置いた後子育てが一段落した後で戻る方も居て、
今は多くの女性が復活して就業している方が多く居ます。

独立して会社を興す方も若くして大変多く、
会社で得た知識を生かしての独立をして大成功をしている若い方も多く居ます。
勤続している期間にお金を貯めてフランチャイズ等で開業される方も多く、
会社を去って取引先になると言う事も多くあります。

会社の方から解雇される方も多く居ますが、
多くの方は失業期間を利用して様々な知恵を付けて次の就職をされる方も居ます。

前向きに勉強し色々な免許を取得し独立や転職をされるので
一口に悪いイメージと言う事では昨今は捉える事が在りません。